こんにちは!

「カクテルをもっと身近に!」をモットーに活動しておりますカクテル案内人の村田紘子です。カクテルレシピ監修、カクテルレッスン講師、コラム執筆、出張バーテンダーなどをしております。

さて、年末年始の飲み会シーズンが到来しましたね。

皆さんの肝臓は疲れていませんか??
今回は、二日酔いに効果があると言われているドリンクを2種類ご紹介します!

1つ目はご存知、「コーラ」!

575e36adfbadaf4b76383715a312a010_s

お酒のプロであるバーテンダーは、二日酔いの朝にコーラを飲む人がかなり多いのです。
彼らは感覚的に「なんか効く気がするんだよね~」と言って飲んでいるのですが、これだけ多くのお酒のプロが支持しているという事は、何か理由があるに違いないと思って調べてみると納得。

コーラは1885年、アメリカのアトランタで誕生しました。

薬がまだ少なく貴重だった時代で、医師の少ない農村部では薬草を漬け込んだワインなどを薬代わりにしていたそうです。

そこで、漢方を学んでいたペンバートン医師が様々なスパイスを使って「コーラエキス」を開発したようです。これをソーダで割ったものがコーラの始まりです。

このコーラは、頭痛や不眠、精神疾患に効果があるとされ、1890年には「二日酔いの薬」として薬局で売られるようになったそうです。

これを知ると、「コーラが二日酔いに効く」というのは都市伝説ではなさそうですね!
二日酔いが気になるという方は、ラムコークやウイスキーコーク、カリモーチョなどコーラを使ったカクテルを飲むといいかもしれませんね。

2つ目は「桑の葉茶」。

c8d6a643de2104a79012e01073bda7b8_s

群馬や南九州、京都などで昔から桑の葉をお茶として飲む習慣があったそうです。
この「桑の葉」はスーパーフードとされており、英語では「Mulberry」(マルベリー)と言い、最近ヘルシーフード店で良く目にしますね。

「桑の葉」の一番の効能は、糖質の吸収を抑えてくれる事ですが、その他にもビタミンや食物繊維も豊富に含まれています。また、アルコールの分解を助けて、アルコールの吸収を抑えてくれる成分(フラボノイド、亜鉛)が含まれています。血糖値のコントロールや活性酸素の除去力が高いため、体の代謝を担っている腎臓や肝臓の機能回復にも効果があるとされています。

%e6%a1%91%e3%81%ae%e8%91%89

お酒を飲んだ後に、〆にほっこり温かい桑の葉茶をみんなで飲むのもいいですよね。
また、焼酎の「緑茶割り」ならぬ「桑の葉茶割り」もオススメ!
予め多めに作っておけば重宝しますね。焼酎の他に、紅茶のリキュールを「桑の葉茶」で割っても美味しいですよ♪

桑の葉茶はオーガニック栽培しているさんがオススメ!

%e8%ab%b8%e6%9c%a8

水でも溶ける粉末状なので楽チンです。

いかがでしたでしょうか?年末年始のホームパーティーでは、「コーラ」と「桑の葉茶」を用意しておくといいかもしれませんね!

せっかくの楽しいホームパーティーです、肝臓とも上手に付き合っていきましょう♪