こんにちは。
フードコーディネーター、写真家 高梨亜里です。
Ari’s Walk食と人との間にもっと素敵を探す旅 をモットーに、パーティーフードケータリング、料理撮影、レシピ開発、カメラマン、イラスト提供、スタイリングワークと美大出身の視点を生かし多彩な分野で活動、発信させていただいております。

今回はホームパーティーでオススメの、簡単なのに華やかなごちそうサラダのレシピをご紹介したいと思います。

サラダはシャキシャキ美味しくいただきたいので、直前に仕上げたいメニューですよね。しかし、他のメインのお料理などでキッチンがあわただしい中だとしたら、あれこれたくさんの具を乗せた豪華なサラダは手間!と思われるかもしれません。

しかし、トッピングに彩りのよい作り置きのものを事前に用意しておけば、冷蔵庫から取り出してトッピングするだけ。華やかなサラダになりますよ!

ベースのサラダリーフは新鮮なリーフを直前に仕入れましょう

トッピングがいくらいいものでも、ベースとなるサラダリーフが弱っていては魅力が半減です。ベースのサラダリーフは新鮮なリーフを直前に仕入れましょう。

写真2

50度のお湯で洗う「50度洗い」をすると汚れもしっかり取れ、シャキシャキ感が持続しますので、ゆっくり味わいたいパーティーのサラダには特にオススメです。

簡単華やかごちそうサラダのトッピングレシピ

トッピングレシピ1

写真1、3

サラダリーフへチキンのトマトマリネをonして、生トマトとオイルのフレッシュなドレッシングで。

材料

  • 鶏もも肉 1/2枚
  • 塩こうじ 大さじ 1
  • みりん 大さじ 1/2
  • ミニトマト 1パック
  • オリーブオイル 大さじ 1/2
  • 塩 適量

作り方

  1. 鶏肉はボリ袋などに塩こうじとみりんを合わせ2、3時間冷蔵庫で漬け込み、グリルで焼き冷ます
  2. トマトはカットし、オリーブオイルをかけ塩で調味し、少し崩れるくらい良く混ぜ合わせる
  3. [1]に[2]を回しかけ、保存容器に入れてストックする

POINT

塩麹で漬け込むことで、しっとりと旨味がアップ、塩分もしっかり付けると、冷めても美味しいチキンになります。

チキンのマリネのトッピングなら、サラダリーフにかけるだけでOK!簡単ごちそうサラダのできあがり。

一口大に切って焼いたバケットなどもガーリックとオリーブオイルを染み込ませて、軽く塩を振ってトピングしてもボリューム感が出て華やぎます。

トッピングレシピ2. 「赤玉ねぎとカリフラワーのマリネ」

写真4

レシピえほん「そらとパンと旅」掲載のレシピより。新鮮なサラダリーフに、塩、胡椒、オリーブオイル。 そこにこの色鮮やかなマリネを散らして、削ったチーズなどでライブ感を出しても楽しいです。

材料

  • 赤玉ねぎ 1個
  • カリフラワー 1/3株
  • 酢 大さじ4
  • 砂糖 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • ローリエ 1枚

作り方

  1. 赤玉ねぎは薄くスライスし、平らなバットなどに広げて2時間ほど返しながら空気にさらして辛みを取る
  2. カリフラワーを小房に分け茹で、あら熱がとれたら、赤玉ねぎ、調味料とともにポリ袋などに入れ軽く揉む
  3. [2]を半日ほど冷蔵庫で冷やし、漬け込む

POINT

綺麗なパープルやピンク色のマリネにはグリーンのサラダを一段とカラフルに見せてくれますよ。

写真5

ごちそうサラダの華やかさをアップしてくれるトッピング作りをぜひ楽しんで、皆様のホームパーティーのテーブルが美味しく楽しいものになりますように♪