近年、日本でもじわりじわりとそのシーンが拡大してきていると言われる【イースター】!
キリスト教では重要な日とされている復活祭。カラフルなイースターエッグやうさぎのコスプレで楽しむ姿の人々が特に海外で見受けられています。
今回はそんなイースターをテーマにしたアンケートを実施してみました!

 

〜日本ホームーパーティー協会調べ/「イースター(復活祭)」に関する実態調査〜

■イースターがどんな日か知っている人は46%!イースターホームパーティーに参加してみたい人も48%

Q.イースター(復活祭)を知っていますか(必須)
Q.イースター(復活祭)の日程の決め方は、「春分の日後の満月から数えて最初の日曜日」ということを知っていますか(必須)
Q.海外では祝日でもあるイースター。近年の日本でも定着しつつあるイースターホームパーティーに参加したことありますか(必須)
ホームパーティー好きな人に聞いたところ、「イースターがどんな日が知っている人」は46%という結果に。イースターホームパーティーに参加したことがありますか?の質問に対しては、最も多かった回答が48%の「参加したことがないので、参加してみたい」との意見でした。

■イースターコスプレの代名詞“うさぎ”に仮装してみたい人は38%
esta0134%の人が「耳や尻尾など、部分的なコスチュームとして楽しみたい」と回答。「全身を可能な限りうさぎコスチュームにして楽しみたい」と答えた4%と合わせると、38%がうさぎのコスプレを楽しみたいという結果になりました。

■イースターで食べたい卵料理は「キッシュ」「プリン」「オムレツ」
esta02ホームパーティー好きな人に聞いたところ、「キッシュ」(62%)、「プリン」(48%)、「オムレツ」(40%)という結果に。その他「ココット」「玉子サンド」「ゆでたまご」「玉子スープ」「デビルドエッグ」「カヌレ」といった意見が寄せられました。

■イースターでやってみたい遊びは「エッグハント」「エッグレース」「イースターパレード」
esta03特に多かった回答が「家や庭に隠した卵を探し当てるエッグハント」(76%)でした。次いで「スプーンに卵を乗せて誰が卵を割らずに運べるか競うエッグレース」(30%)、「うさぎのコスプレやイースターエッグ&花で飾り付けて楽しむイースターパレード」(26%)と続きます。

■今回のイースターに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティー研究家 高橋ひでつうの見解
「ハロウィンに次いで、近年非常に注目されているイースター。知名度はまだ約半数と少ないですが、海外のSNSでもうさぎのコスプレなども見受けられるので、これから盛り上がりそうな風潮です。ただ、興味があっても何をする日なのかが周知されていないので、まずはそこが課題かと。ホームパーティー好きな人の中にはすでに取り入れて楽しんでいる方もいるので、今後のシーン拡大に期待したいところです。」

【調査概要】
調査期間:2017年2月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:18歳以上のホームパーティーに関心のある男女から得られた有効回答、500名

 

●個人ブログや、Webメディアの方へ
当記事内の調査データは引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会調べ」http://hpaj.org/の表記とリンクを必ずお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当記事の引用、転載に関しては事前にご連絡頂ければ許諾します。当サイトお問い合わせフォームからご連絡ください。

保存