ホームパーティーの総合メディア「HOWPA(ハウパ)」
decoration

ハリーポッターに変身!ストーリー性のあるハロウィンの作り方

ホームパーティーの総合メディア「HOWPA(ハウパ)」
ホームパーティーの総合メディア「HOWPA(ハウパ)」
ホームパーティーの総合メディア「HOWPA(ハウパ)」
ホームパーティーの総合メディア「HOWPA(ハウパ)」
ホームパーティーの総合メディア「HOWPA(ハウパ)」

こんにちは!A day to the Dayの武吉麻衣です。まもなくハロウィンですね!

 

今回ご紹介するホームパーティーTIPSは、「ストーリーが生み出す統一感」です。

 

思い思いの仮装を楽しむのもハロウィンの魅力ですが、ひとつのストーリーを作ることでビジュアルに統一感が生まれ、キッズたちのなりきり度合もぐっと増してきます。

 

ストーリーを取り入れたパーティーをつくる5つのポイント

 

ご紹介するのは、ストーリーの持つ世界観を最大限に活かしたハロウィンパーティ。
プラスしたストーリーはあの有名な魔法使いのお話「ハリーポッター」です。

 

1.ストーリーの予習

 

パーティーを本当に楽しむには、始まる前の期待感が重要です。

 

期待感を作るには、まず自分もゲストも【予習】が欠かせません。ストーリーをよく知り、好きになることでパーティーの時間をより楽しむことが出来るようになります。

 

ママはすでによく知ったストーリーであっても、お子様に絵本を読んであげたり、ビデオを借りたりして一緒に思い出してみてくださいね。

 

2.ストーリーに関連するデコレーションアイテム

 

ハリーポッターのお話に出てくるアイテムを飾ってみました。

 

 

 

ハリーポッターのお話はハリーポッターが白フクロウからホグワーツ魔法魔術学校の入学案内を受け取るところから始まります。

 

パーティーでも子供達がホグワーツ魔法魔術学校の入学案内とホグワーツ特急の切符を受け取るところから始まりました。

 

 

ストーリーの中にも出てくる9と3/4番線切符には
「ALL ABOARD TO ENJOY HALLOWEEN」というメッセージをいれてみました。

 

 

【白ふくろう】
白いゴム風船にふくろうの絵を描いています。

 

 

Point!
ゴム風船は油で溶けるので、絵や文字をかくのに油性のマジックは使えません。
ゴム風船専用のペンもありますが、私は三菱鉛筆の「uni POSCA」を使用しています。文房具店で手に入ります。

 

【かぼちゃ&蜘蛛】
カラーを統一するために、お花屋さんで購入してきたかぼちゃとフライングタイガーで購入した蜘蛛のオブジェをGOLDのカラースプレーでそめました。
市販の物にひと手間加えるだけでぐっとお洒落になります。その中でも染技はとっても簡単な上にビジュアルの効果が大きく、おすすめです。

 

 

Point!
何かを染めるときに必ずチェックしたいのが塗料とアイテムの相性!必ず用途を確認しましょう!私のおすすめはニッペのホビー用塗料。色むらがなく発色がよいので綺麗に染め上がります。またスプレータイプと刷毛で塗るタイプとありますで、塗りたいアイテムによて使い分けましょう。ホームセンターでも購入できます。

 

【呪文集】

呪文集をイメージして英字柄の生地を手芸店で購入し、テーブルクロスにしました。

本型BOXは100円ショップで購入しました。

 

3.ドレスコード

 

ドレスコードを白い襟付きのシャツにし、サプライズで100円ショップで購入してきた黒いマントにホグワーツ魔法魔術学校の4つの寮のタイと寮章と名前をつけたものを用意しました。ホグワーツ魔法魔術学校の入学式をイメージしデコレーションしたお部屋で子供たちの寮の発表とマントの授与式を行いました。

 

 

おそろいのマントをつけた子供たちは可愛すぎて、ママたちのシャッターがとまりません。

 

 

4.スィーツ

 

子供たちが大好きなスィーツもちょっとしたひと手間加えてハリーポッター仕様に。
ホグワーツ魔法魔術学校の寮旗のデザインでホルダーとピックをご用意しました。

 

 

【アイシングクッキー】
ハリーポッターをモチーフにしました。

 

パーティーが終わってからもワクワク感が続くように、プチギフトもテーマに合わせます。

 

 

お子様が参加するパーティーの場合、飲み物にこだわりたくても、やはりお子様が好きなものを出すのが一番です。そんな時はグラスにテーマにあったのデザインのタグをつけてみたり、ペーパーストローの色で統一感を出しています。
また大人数のパーティーではグラスが行方不明になるので必ずお名前をお入れするようにしています。

 

 

5.アクティビティ

お話の中にでてくるシーンを簡単なゲームにアレンジしてみました。
【Quidditch(クィディッチ)】
クィディッチは魔法使いや魔女が空飛ぶ魔法の箒にまたがって飛びながら所定の球をゴールに投入して得点を競うゲームです。

<用意するもの>

魔法使いのほうき
フラフープ
ボール

 

【ルール】
ほうきにまたがって、ボールをフラフープのゴールに投げ入れるという、とってもシンプルなゲーム!寮ごとにボールの入った数で競いました。

 

 

【ドーナツ食い競争】

用意するもの

ほうき
タコ糸
ドーナッツ

 

【ルール】
ほうきにドーナッツを吊るし、手を使わずに食べてスピードを競うゲームをしました。

 

 

手をつかってしまっていますね(笑)

 

 

ルールをどこまで厳しくするか、勝敗をつけるかつけないかは年齢によって変えてみましょう!
まだお子様が小さいうちはただみんなで同じことをするだけで楽しいのです。

 

 

「お洒落な空間でお洒落にパーティーをしたい!」でも、敷居が高いと思っていませんか?

特にお子様と一緒になんて不可能と思っていませんか?
「今は無理」と思わないで、「今だからこそできる」スタイルでお子様と一緒に楽しむパーティーをしてみましょう。

 

おうちならママもお子様たちも、リラックスしてパーティーを楽しむことができます。いつものおうちに、ちょっとアイテムをプラスして、無理せず、でもお洒落にホームパーティーを楽しんでくださいね!

 

パーティーが終わると、楽しかった思い出と一緒にお子様たちの可愛い写真が沢山残る。ママたちの宝物になりますよ♪

 

 

【編集部より】

子供たちは「ごっこ遊び」が大好きですよね!ハロウィンは何かに変身できるのに最高のイベント。そこへ「ストーリー」を作ることで、統一感や達成感が出せるというのは、キッズパーティーだけでなく、オトナパーティーにも活用できそうですよね。参考にしてみたいです!

おうちをおしゃれに、もっと楽しく!
ホームパーティの総合メディア